MENU

これからの若者に次ぐ。安全運転のススメ

20年近く前のことです。

 

当時学生だった私は、友人のススメもあり大学のアウトドアのサークルに入りました。

 

アウトドアと言えば車。しかし、学生サークルです。レンタカーを数日借りるとバカにならない。そのため、イベントがあるごとに持ち回りで親に頼んで自家用車を出していました。

 

そんなとき、主将クラスの先輩が親とお金を共同で出しあってボックスワゴンを購入したのです。もちろんローンを組んで。そうとなれば、やはり主将クラス。毎回喜んで車を出してくれました。

 

そんなある日。サークルのほとんどのメンバーが集うイベントがありました。出発は深夜。車を出す人も複数人集まり、それぞれの車にわかれて目的地へ向かいました。

 

しかし、夜も深まり疲れも出てきたところで休憩を取ったその後。さあ、改めて出発しようとした丁度その時。主将クラスの先輩が新車だったボックスワゴンを後ろのポールに勢いよくぶつけてしまったのです。衝撃は相当なものだったのでしょう。ボックスワゴンの後部はほぼ半壊。先輩は慌てる。皆は唖然。

 

結局、先輩は皆に促されて車と共に一人帰路につきました。後日、ローンに加えて修理費が嵩んだ先輩が涙を呑んだのは言うまでもありません。

 

あのとき素直に無料の廃車引取に出していたらよかったんじゃないかと今でも思う。

 

車の運転時は何があるかわかりません。休憩後であても、常に気を抜かずに安全運転を心掛けたいですね。