MENU

事故を起こした時に電話した先は・・・

当時お付き合いしていた彼氏が乗っていた、軽自動車(ムーヴ)の車検が切れました。

 

「男なんだから次は普通車がいい」と、ムーヴの車検は通さず、中古のオデッセイに買い換えることに。

 

ただ、買い換えるとは言ったものの、彼氏に貯金はなく、私の貯金をいくらか下ろして、そのお金で買いました。

 

(馬鹿な女ということはスルーしてください・・・)

 

念願のオデッセイに乗り、毎日イキイキと仕事に行き、週末は私を色んなところへドライブに連れていってくれました。

 

よほどオデッセイに乗れたのが嬉しかったんだと、こちらまで幸せになれました。

 

2ヶ月程たち、いつものように仕事に出かけた彼氏から、家を出てすぐ連絡がありました。

 

電話を掛けてくるなんて珍しかったので、「どうしたの?」と電話に出ると、「どうしよう、俺やっちまったよー!」と、いつものクールな彼からは想像出来ない程焦っていた様子でした。

 

状況の掴めない私が頭にクエスチョンを浮かべていると、「俺、事故っちゃったよー!」と。

 

詳しく聞くと、あくびをしていたら電柱に擦り、次の電柱にぶつかる直前で車から煙が出たとの事でした。

 

なんというアホらしい原因・・・

 

初めての事故で、しかも電柱にぶつかってしまう単独事故。

 

周りに歩行者も車もなく、誰も頼れなかったんでしょう。

 

なぜか警察に連絡する前に、私に連絡がありました。

 

事故を起こした状況を電話口で整理し、それをそのまま警察に伝えるんだよと言い、私はとりあえず事故現場へ。

 

二人で警察を待っている間、近隣のおうちの方へのご挨拶(すごい音がしたと心配してくれていました)、電力会社への連絡、保険会社への連絡、JAFへの連絡・・・と、ものすごいスピードで終わらせました。

 

事故を起こした時に、私を一番に頼ってくれたのは嬉しかったのですが、人はパニックになると電話をかける優先順位が分からなくなるのだなぁと、不安になりました。

 

それからは事故もなく、安全運転を心がけているのですが、いつ事故を起こしてもいいように、電話をかける順番と連絡先を財布の中に入れています。